ヘッドライトのカバー

 11, 2017 13:08
ガソリンスタント゛に行き給油しているとスタンドの人が来てパンフレットを渡している

見ると中のヘッドライトが見にくなっているプラステックのカバーが紫外線で劣化して淡い黄色掛かった色になっている

新車の時はキラキラ光って中まで見えていたのに( ;∀;) 片側だけで2.000円 両側掃除すると 4.000円高いなあ~

と思いそのままになっていたが夜点灯すると光量が落ちている、そのパンフレットを見ると 20%くらい落ちているらしい

家に帰って早速インターネットで調べると面白い記事見つけた\(^o^)/ 

金属磨きの ピカール(これは昔からある品物です)そうか思い出したぞ家にあるはずだと我が部屋を探すとアッタ

280円の札が付いたままだ(笑)

取り出して缶を振ってみるとチャボチャボ言っている。まだ使えるなあ よしやって見よう

古タオルを持ってきてそれに沁み込ませヘッドライトカバーに塗ってこする。  

ピカールを使っていないほうで仕上げの作業、こすってふき取ると あら~不思議 新車の時のように中までピカピカ

新車の時の様だ
ピカール1
ピカール
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?