健康管理が試合を左右する

 26, 2017 18:04
この前の100mフリーの試合で感じたことが有ります
1.2を争う試合になり0.03秒差でこの組の1位(年齢区分ではありません)になりましたが2位の人は
彼が75歳区分、私が80歳区分、3年前の時に同じく100mで一緒の組になりました、その時は、私は5秒近く差を付けられて
負けました、
今年は彼が80歳区分、私が85歳区分での競泳になり、前の事が有るのでこの人に勝つことは不可能??かも、2位でも良いから
この前のように離されないように付いていこうと決めていました、
招集があり彼が4コース私が5コース 彼のエントリータイム 1分30秒、何たが控えめに出しているような気がする
私が1分32秒、これくらいはいけるのではと思って(笑) 
彼を見ると、3年前よりも老けている、私だって3年前よりも老けているので当たり前ですが、人の方は真面に見えるので
そう感じていました
話によると、腰が痛いそうで、私が腰だったらフリーは関係ありませんよと話すと、脳こうそくの薬も飲んでいる(予防か??)
どうか知りませんが、歳をとると色々なことが起きるのだなあ~、他人ごとではない、自分も気を付けよう。
さて
試合が始まり スタート浮き上がって2.3描きして隣を見ると、見えない、おかしいぞ?? そんなはずはない??
どうも私がトップ泳いでいるようだ 25のターン 見えない 50のターン下手くそターンで少しもたずいた、チラッと
横見ると、見えた!!やっぱりいる 朝一番だから体が少しづつ重く感じるが 少しスピードを上げた(つもり)
75のターンは確実性が有るタッチターンに切り替えたターンの時に横見たが見えない、後ろに下がったのかな??
最後の25m もうへばっている プールの真ん中くらいに来た時に 彼が横に見えた、幸い呼吸側だからまともに見える
ああ抜かれてしまうなあ、3年前を思い出す( ;∀;)、ここ迄トップで来たのだから死んだつもりでモガイてみるか
しかし、苦しいなあ~ね中々離れてくれないもうゴールが近い何だかすこし私が遅れているように見える、
最後まで、気を抜いてはならん、思い切ってゴールに手を伸ばす、やっぱり少し負けたかな???? 恐る恐る
電光掲示板見るとあれれ?? 1位になっている その差が 0.03秒 あぁ~タッチの差だ 
、こんな苦しい試合は久しぶり疲れた~ 
もし、彼が 元気だったら絶対勝てない試合であった、3年前に5秒近く離されたから、今まで大きな病気なしで
此処まで来れたお陰だ 健康の有難さがしみじみと分かる試合であった     朝一番の試合は苦手です
スポンサーサイト

COMMENT 2

みどり倶楽部  2017, 01. 27 [Fri] 19:17

こんばんは。
健康あってのマスターズ大会への参加。
参加できるというのは有難いことだと痛感します。

健康管理をしていても、老いと向き合う現実もあります。
私自身もそうなんですが、周りのマスターズスイマーたちも、悩める体調不振。
一年ではない、一日一日が健康との戦いですと話す人もいます。

私自身は無理だと思ったら大会に出るのはやめると決めています。
ただゆっくりでも泳げれば、それも楽し!と思っているので・・
私はあまり競争を意識していないから陽気に構えているんでしょうか?



Edit | Reply | 

rocky  2017, 01. 27 [Fri] 23:03

To みどり倶楽部さん

今晩は 
コメントありがとうございました、本当に高齢者になりますと、健康が第一になります

トップのベテランの方でも、健康第一だと言ってますから(笑) 水泳は第二です

健康でなければスタート台に立てれません 

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?