高齢者に水泳を教える時は??

 12, 2010 12:22
いぬ

コーチの皆さん 高齢者(後期高齢者も含む)にスイムを教えるときは
若い人と同じ教え方ではダメです

理由
1.体力がない
2.身体が固い
3.覚えにくい
4.頭と身体がバラバラ、分かっても身体が付いてこない

以上の理由で高齢者用のメニューを本気になって組まないと水泳は上達しません
若い人の初心者の教え方を高齢者に持って来てもあまり効果がないと思います

手足を バタバタ させて力で泳ぐ様なレッスンは 落第 です
かなり泳げる人でも 歳を取ると力が落ちます、力の泳ぎから
身体全体を使う泳ぎに変えないと年とともにスロープを滑り落ちるように限りなく
タイムが落ちていきます、

何年もスイミングクラブに通っている人と話をすることがありますが
泳ぎを見ると下半身が沈んでいる人が殆どです、何故スイムが上達しない
のでしょうか?? 質問されることが多いのです

基本的な事を身につけずに泳ぎに専念しているように思われます
若ければその泳ぎの中で基本的なことも自分で自然に身につける
ことも出来るのではと思いますが。 老人はそうは行きません。

教えるときは 何故 この練習をしないとダメか? と理由を言って
納得させることが必要です 実際に良い例と 悪い例を見せる
覚えの悪いのは当たり前ですから反復練習させる

出来たら若いコーチよりも 中年以上のコーチで 水泳の進化に
熱心な人 若い人はあらゆる面で老人とギャップがありすぎる

私は歳を取り体力の衰えはタイムで現れるので今までの力の泳ぎ
では限界を感じ 泳ぎを変えました そのお陰てタイムが急降下
せずに何とか踏みとどまっています、

TI SWIM(トータル.イマージョン.スイミング)の講習を受けて良かった
このTI SWIMは高齢者に最適なスイミング.システムだと確信しています
会社の宣伝になりましたが、良いものは良いです

http://tiswim.jp/    URL貼りつけておきます参考までに。









スポンサーサイト

COMMENT 1

鈴木 是明  2011, 09. 20 [Tue] 23:28

高齢者スイマー

68歳から水泳を始めマスターズクラブの上級コースで週2回の練習、自主練習を週3~4回楽しんでいる76歳の爺さんスイマーです。雑誌SWIMの記事と動画をイメージしながらフラットな泳ぎをめざしてから疲れなくなりました。一回りから2回り若い女性スイマー達にも余り水を空けられず付いて行けるようになりました。若い女性コーチのドリルの目的を穿鑿することもなく楽しく泳げるようになりました。高齢者のマイペースはみんなが認めて呉れるのでキックが遅くても気にしないで泳いでいます。自主練習では泳ぎの前後に水中ウォークを500~1000メートル程入れて2000メートル前後毎回泳いでいるので、持病の糖尿血糖値も安定しています。こんな高齢者ですが、情報交換できればと思って投稿します。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?