ジャパンマスターズの反省点

 19, 2011 17:34
この度のジャパンマスターズは気楽にのんびりとやるつもりでいましたが

イザとなるとね色々なことも有り思うようにはいきません。

此の様な大きな大会にはそれだけの準備と覚悟を決めておかないと後で

虚しい思いをします、 全力でベストを尽くせばそれなりの達成感が有りますが

何となく始まって、何となく終わった、残るのは達成感のない虚しさです。

お祭りだと思えばそれで良いのでしょうが........

試合に出る日数を増やすのでなく、最小限に決めてそこに集中していく、このほうが

準備もかなり出来るし、やる気も起こるように思います。

バタフライ50m世界記録保持者75歳の松本さんと話をしてもう一度計画を練り直し

再出発する覚悟が出来ました。 体力と持久力のアップのための努力が必要

必ずやります。
スポンサーサイト

COMMENT 2

えいじろう  2011, 07. 20 [Wed] 17:03

おめでとうございます&お疲れでした

メダル3個はご立派です。

でもrockyさんとしては不本意な結果だったのですね。

水泳はごまかしがきかないので。そこがいいところだとも思います。

いつでもベストを出し続ける事はできませんし。

私も今回準備を失敗しました。

rockyさんはそういう向上心があるからこそ結果を出し続けられているのだと思います。

レベルは違いますが、私も自分に甘えずにもっともっと上を目指します。

次回はゆっくりお話でればと思います。
ありがとうございました。

Edit | Reply | 

rocky  2011, 07. 20 [Wed] 17:34

Re: おめでとうございます&お疲れでした

> メダル3個はご立派です。
>
> でもrockyさんとしては不本意な結果だったのですね。
>
コメント有難うございます
本当に不本意で自分自身が情けなくなりました、出る以上出来るだけの準備が必要で
結果がどうあれ自分はベストを尽くしたと言う満足感を持ちたいです

85歳の時には自由形の50、100mの日本のトップに成るよう5年間掛けてじっくりと
練習します、 勿論バタフライはトップを維持します

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?