スイミングが上手くなりたい人は・・・・・・・

 24, 2010 14:30
イルカ、訪問2

スイミングが上手くなりたい人は、先ず、己を知ることです

自分がどんな状態に置かれているか、例えば 車で言えば 最新鋭の車か、何年も乗った古いオンボロに近い車か

これによって、練習用のメニューだって違ってきます、筋トレでもかなり内容が違ってきます、泳ぎの

メニューだって変えねばなりません、 

筋トレが良いと言って何も考えずに目一杯やり、肩を壊したり、腕を、腰を壊したりで、そこでその人は

水泳の出来ない人、出来ても水泳の上達が出来ない人になってしまいます、私はそうゆう人を見てきました。

身体を壊したらもうリタイヤーか マスターズには出れなくなります。

高齢者の方(特に後期高齢者)は 何よりも先ず 自分が健康を維持することが一番です

健康の維持は自分で勉強して身につける

今までトップクラスだった人が一人消え、二人消え・・・・これが現実です。

次に化石的な泳ぎは勇気を持って変えること、新しい泳ぎにチャレンジする

泳ぐときは何時も課題を持って泳ぐ、無意識に泳いでいるようでは進化は全く有りません

上手な人の泳ぎを真似することは良いことですが、それが自分に100%合っているかどうかは

別問題、自分の体に合ったようにアレンジが必要だと思います、例えば体の硬い人、柔らかい人等

また自分なりの新しい試みも面白いと思っています、

高齢者になっても、頭も身体も柔らかくして泳ぎの進化を楽しみましょう。

最後にもう一度  己を知ること をお忘れなく!!















スポンサーサイト

COMMENT 1

siopop  2010, 09. 25 [Sat] 01:33

同じ話だった

>今までトップクラスだった人が一人消え、二人消え・・・・これが現実です。

このお話、ほとんど同じ内容の話を今一緒に泳いでいる方に聞かされた事があります。
今のうちから故障しないように、筋力を落とさないように、トレーニングをしなさいとアドバイスされました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?