諦めの悪い人になろう

 06, 2013 11:32
今日読売新聞見ていたら 柔道の 野村さんが 次のオリンピックで 4個目のメダルが欲しい
とか言っていました 
人間は 引け時が大切です それを逃すと イメージダウンになることが多いですね しかし
それに挑戦する 之は凄いことです 

所が我々のマスターズ大会は 年齢区分が有り その心配は無いですが その中で結構逃げている人が
多いです 区分が上がった時は 出場して 次の年からは 出ない 何故?? 下から上がってくる人に
負けるのが嫌だから こんな人はええ格好するのが好きな人で 本当の水泳愛好家ではないと思います

物事は諦めてしまったら そこで 終わりになりますから 年齢のことは考えずに コツコツと前に進む
自分の目的に向かって 人に何を言われようが 気にしない 楽しみながら継続する事が大切です

最後に 健康には十分に気をつけて大切な体を守って下さい 100歳でスタート台に立てる喜び 之は凄い
オリンピックの金メダルよりも凄い事です



スポンサーサイト

COMMENT 2

フリースタイル  2013, 08. 06 [Tue] 18:33

健康第一

健常者の選手ばかりのマスターズで身体障害者の私が泳ぐのですから、自分も観客も負けて当然と思っているので、精神的にはとても気楽に泳げます。(笑)
そう言う観点からすれば、マスターズ水泳では勝って当たり前の記録保持者の人はみんなから注目をされるので、「惨めな負け方はできないぞ!」とか「恥ずかしい泳ぎはできないぞ!」いうプレッシャーがあるかもしれませんね。上には上の悩みがあるようです。
私の場合は、75歳になっても健康な身体でマスターズ水泳大会で泳げるだけでも嬉しことだと思っています。
試合で泳ぐからには競争相手に勝てればもちろん嬉しいですが、先ずは自分の記録を100分の1秒でも短縮することを目標にして、これからも泳ぎ続けたいものだと思っています。

Edit | Reply | 

rockysan06  2013, 08. 06 [Tue] 20:52

Re: 健康第一

> 健常者の選手ばかりのマスターズで身体障害者の私が泳ぐのですから、自分も観客も負けて当然と思っているので、精神的にはとても気楽に泳げます。(笑)
> そう言う観点からすれば、マスターズ水泳では勝って当たり前の記録保持者の人はみんなから注目をされるので、「惨めな負け方はできないぞ!」とか「恥ずかしい泳ぎはできないぞ!」いうプレッシャーがあるかもしれませんね。上には上の悩みがあるようです。

フリースタイルさん今晩は
ええ格好したい、メダルがほしい その為にはどうするか??

考えることは一緒ですね 年齢区分が上がった時に泳ぐ 田舎の大会でライバルが少ない所 居ない所で
メダルを狙う  
まあ こんな所でしょう!!

楽をして ええ格好したい 誰でも思うことは一緒です 私のプールでも 結構そんな人が多いです
1位でメダルを貰った と喜んでいます  何だか寂しいですね!!

フリースタイルさん 健康で しつこく長生きしましよう 之で一番です

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?